単身赴任での生活費はどのくらいかかる?実際に調べてみた!

どーも!KOHです!
いやー単身赴任はホントにお金かかりますね。だって生活費が二重にかかりますからね。
これほどもったいないことはないです。単身赴任ってつくづくメリットないなーと感じています。もちろん家族から自由になりたくて単身赴任最高!!って思ってる人もいると思いますが、私は家族が一番なのでとにかく早く単身赴任生活を終わりにしたいです。サラリーマンはつらいよ。
と、愚痴はその辺にしておいて今回はそんな単身赴任生活での生活費って一体どのくらいかかるのか?という疑問を持ってるあなたへお答えをしていきたいと思います。
では、早速どーぞ!!

単身赴任での生活費はいくらかかるのか?

気になる単身赴任での生活費はいくらかかるのか?これはあくまでも地域によって差が出ると思いますけどあくまでも私KOHが生活している北海道での生活費を計算してみましたので参考になればと思います。

食費

とにかく食費は一番抑えたいですよね。私KOHは自炊をメインでしておりその中でも節約料理などで結構抑えてる方だと思いますけどそれでも大体1カ月25000円はかかってるかなと思います。頑張れば20000円程に抑える事は出来るかと思いますけどそれだと結構ストレスがかかるのでなるべく贅沢をしないけど我慢しすぎもよくないのでこのくらいかなと思います。

 

家賃

住むところってかなり重要ですよね。仕事以外は自宅で過ごすわけですからある程度快適に過ごしたいですよね。北海道は東京などと比べて家賃がかなり安いです。ただ、会社によっては単身赴任手当などで家賃補助が出る会社もありますので、それがあるとかなり楽ですよね!間取りとしては1人で過ごすのでワンルームでも良いと思います。もしワンルームなら安い場所だと3万円台からあります。私が住んでるのは1Kで家賃が35000円です。結構安いですよね。でも会社からの家賃補助がないので全て自腹です。頼むから家賃補助出してくれ。

 

光熱費

これも地域によってとか季節によって様々ですね。北海道は最近夏は東京とかと比べて気温があまり変わらなくなってきましたが湿度が大きく違います。東京ってエアコンないとかなり厳しいと思いますが、北海道ってエアコンない家庭がまだまだあります。夏は扇風機で十分という地域もあるので。ただ、冬はストーブがないと正直生活出来ないですね。ストーブもガスか灯油か電気で光熱費が違ってきます。私は毎月電気、水道、ガスの合計が18000円程です。これは高いか安いかは判断難しいですが平均的なのではないでしょうか。

 

雑費

そして雑費。これは自分のお小遣いも含めて出してみました。諸々細かいもの含めているのであまり参考にならないかもですが一応。私の場合はざっと30000円ほどです。少ない!!って感じる方もいると思いますが、正直30000円で十分です。特に贅沢する事はないですがたまに外食したりお酒買って飲んだりで十分足りています。
ざっと合計で108000円です。ただ会社から単身赴任手当が30000円出てるので実質78000円ですね。これを高いと思うか安いと思うかはあなたの地域にもよりますが私はこんなものかなと思います。

生活費が足りないなら副業をしよう!

正直私は給料はすべて妻に渡しています。これにはあなたも驚かれていると思いますが昔からそうです。じゃあ自分のお小遣いはどうしてるの?と思われるかもしれませんが、以前から副業をしています。なんの副業かはこの記事では詳しく触れませんが、毎月10万ほどになっています。ですので単身赴任での生活費の全てを賄う事が出来ています。もし副業をしていなければ単身赴任は難しいと思います。あなたももし単身赴任での生活費どうしようかなーと感じたら副業をしてみるのもいいかもしれません。もちろん会社の規定とかあって副業出来ない方もいると思いますのでそういう方はごめんなさい。。。

 

まとめ

 

今回は「単身赴任での生活費はどのくらいかかる?実際に調べてみた!」でしたがいかがだったでしょうか?もちろん地域によって差はあると思いますが結構かかりますよね。やっぱり二重生活は早めに切り上げた方がいいです。。でも会社の都合などでなかなか単身赴任生活から抜け出せないのが現状だと思います。生活費を稼ぐために副業をしている方もいると思いますが、是非無理のないように、そして自分の体を大事に単身赴任LIFEを送ってください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です